ニキビを治す方法 洗顔

洗顔でニキビを治す方法のポイント!

ニキビが常に顔にあって、治ってはまた違う所にできる、
というような悩みを持っている方は結構たくさんいるのではないでしょうか?

 

 

ニキビには長年悩まされているけれど、でも体質だし治らないだろうとか、
病院で治療しなければ治らないだろうと思っている方は多いでしょう。
でも、ニキビは日々のケアでもかなり改善します。

 

 

ニキビを治す方法としてまず第一に挙げられるのが「洗顔」です。

 

 

洗顔なんて毎日しているけど全然治らない、と思っている方、
それはあなたの洗顔方法が間違っているからです。
ここで、正しい洗顔方法を習得しましょう!

 

洗顔でニキビを治す方法は?

 


使用する洗顔料ですが、ニキビケア用の洗顔料があればそれを使っていきましょう。
ない場合は必ずしもニキビケア用の商品ではなくても良いです。

 

 

新たにニキビケア用の商品を購入する場合、おすすめは「プロアクティブ」です。
プロアクティブは60日間の返金保証付なのでリスク0でお試し出来るからです。
プロアクティブ+無料お試し

 

 

他に用意して欲しいのは、洗顔料を泡立てるネットです。
百均やドラッグストアに行けば必ず売っています。では、洗顔していきましょう!

 

 


ぬるま湯で洗顔ネットを少し湿らせて、洗顔料を泡立てていきます。
ここはお湯でも水でもなく「ぬるま湯」を使用するのがポイントです。

 

 

なぜなら、水は冷たく毛穴がしまってしまい、おとしたい汚れをふさいでしまいます。
また熱過ぎると逆に肌を傷めてしまうことにつながります。
38度程度のぬるま湯を使用しましょう。

 

 


次にネットで泡立てた泡を顔にのせていきます。
この時、しっかり洗おうとかなり強い力で肌にのせていく人が見受けられますが、
それは絶対に止めて下さい。それもまた肌にダメージが加わります。

 

 

ニキビに刺激は大敵です。絶対にごしごしこするようなことはやめましょう。
手をくるくる回しながら泡を転がしていくようなイメージです。

 

 


全体に泡がのったら、ぬるま湯で流していきます。
この時もやはりごしごし顔をこすっては絶対にいけません。
優しく泡をおとしていきます。

 

 

ですが洗い残しも肌へのダメージにつながりますので、
丁寧に洗い残しなくすすいでいきます。

 

 


洗顔が終わったら、タオルで顔の水分を拭き取りますが、
この時やっぱりごしごしタオルをこする人がいますが、やめましょう。
優しく拭き取って下さい。

 

 

そして、ここで終わらずに、肌の汚れを落とした後の肌は
良いものも悪いものも吸収しやすくなっていますし、
何の保護もされていない状態で、乾燥しやすくなっています。

 

 

なので必ず保湿ケアをして下さい。
ただし、オイル肌な方は乳液やクリームはごく少量にしましょう。